inch blank_.製作秘話① inch blank_.について

Posted by inch blank_.Official on

会社が2期目に入った際、代表が言った 「何か手触り感のある事業を始めたいね」 という一言。


コンサルと教育という全く別の業界で社会人経験を経てきた2人、もちろん2人ともものづくりや販売を経験したこともありませんでしたし、そもそもどんなブランドを作るか、何を作るか、そこからのスタートでした。


私たち2人らしいブランド、私たちのブランドだからこそ世に届けられるもの、と思いあぐねていたある日、仕事を終えて自分のふくらはぎを見ると今まで見たこともないほどの浮腫みに自分でも驚きました。

その日の行動を思い返すと、1日中パソコン作業に夢中で休憩を一度もとっていませんでした。私自身、単純作業が続くことがあまり苦ではないタイプなこともあってか、それほど疲れは感じていませんでしたが、身体にはきちんと疲れが現れるのだなと痛感しました。

これまでの養護教諭の仕事では生徒の来室があればパソコン作業をしていても中断して対応したり、学校中の石鹸の補充や水飲み場の点検をしたりと、1日中座り仕事をするということはほとんどありませんでした。

また、学校では決められた時間ごとに休み時間や昼休みのチャイムが鳴り知らず知らずのうちに1日にメリハリがついていたのだと気づきました。

そこでふと、20年近く激務と言われるコンサルの仕事を続けてきた代表は休憩を意識的にとっているのだろうかと不安に感じ本人に聞いたところ、「あまり休憩を意識したことがない」という回答。

このままでは“穏やかな余生を海の見えるところで一緒に過ごせるようにがんばろうね”という起業した際の約束が叶えられなくなってしまうと思い、まずは代表が意識的に休憩をとりたくなるような何かを作りたいという気持ちが芽生えました。

ブランドコンセプトの

空白をデザインする。 Design a blank.

には慌ただしい現代の日常に束の間の空白や余白を創り出すという想いが含まれています。

この空白や余白には様々なものが当てはまりますが、私の空白、余白はまずは代表の“休憩”であったように思います。

大切な誰かにひと時の空白を届けたい。そんな想いからinch blank_.は誕生しました。

← Older Post Newer Post →

News

RSS

NEW ENERGY TOKYOの開催は18日まで

inch blank_.Official By inch blank_.Official
Read more

NEW ENERGY TOKYO出展のお知らせ

inch blank_.Official By inch blank_.Official
Read more